スペインへの休暇旅行を計画している方には、コルドバが強くお勧めします。コルドバは、スペインの人気のあるアンダルシア地方ののどかな川沿いの場所にあり、絵のように美しく、控えめです。かつてスペインは強大なカリフ制の首都であったコルドバは、過去の生活をシームレスにブレンドして、過去と現在に調和した都市を作り上げています。以下はコルドバでやるべきことのリストですが、これはこの魅力的で魅力的な街の表面をスクラッチするのに役立ちます。

1.メスキータをご覧ください

コルドバの歴史的で精神的な中心に位置するメスキータは、ムーア人の過去の歴史と中世の主要な中心地の1つとしての天頂を思い起こさせます。もともと8世紀にイスラムの住民のモスクとして機能するために建てられたこの建物は、キリスト教の征服中に市内の他の地域とともに開拓され、ルネサンス様式の大聖堂として再利用され、現在見られるスタイルの珍しい結合を生み出しています。

今日、その扉は、素晴らしいデザインのアーチと上の鐘楼を支える大きなバットレスと柱の間をさまよいたい訪問者に開かれています。牧歌的な中庭は、ヒノキとオリーブの木が提供するまだらにされた日陰を楽しんでいます。また、噴水からのやさしい水が静けさを提供します。訪問者は、個別に探索するか、午前10時からツアーグループの一部として探索するかを選択できます。入場は午前10時まで無料ですが、その後の価格は1人あたり8ユーロの最低価格です。

23316504_ml(1)-中

2.コルドバのローマ橋を渡って歩く

プエンテロマーノ橋は、コルドバの片側を他の側に接続するだけでなく、過去の都市との距離を保ちます。ローマ皇帝アウグストゥスの希望に基づいて建てられたこの橋は、グアダルキビル川の820フィートにまたがる16の連続したアーチの印象的な姿を見せています。現在、橋は完全に歩行者専用になっており、橋を渡って旧市街またはメスキータに向かうローマ人やムーア人の足跡をたどる訪問者が使用しています。

コルドバ培地

3.アルカサル庭園を探索する

聖公会宮殿の陰に位置し、かつてのキリスト教王の列が住んでいたアルカサル庭園は、散策する人を楽しませてくれる人気のアトラクションです。クリスチャンとの明白なつながりにもかかわらず、この庭園のルーツは、池、噴水、芳香植物の選択など、典型的なイスラムおよび幾何学的に設計された庭園の配置の多くを担当するムーア人の時代にさかのぼります。

47161583_ml-medium

敷地内をゆっくり散歩した後、訪問者は都市と周辺の田園地帯の素晴らしい景色を望む庭園の端にあるトーレデロスレオネス(またはライオンズタワー)の階段を登ることができます。

4.ジュデリアを発見する

コルドバは多くの異なる顔を持つ都市であり、それぞれが独特の特徴を持っていますが、おそらく旧ユダヤ人地区やジュデリアほど特徴的なものはありません。町の雰囲気のあるコルドバのユダヤ人街は、絵のように狭い石畳の小道、宝石店、家族経営の銀細工師の迷路で構成されています。コルドバのユダヤ人人口は、ローマ人、ムーア人、キリスト教徒と同居して生き、栄えさえし、都市の中世の知的エリートの宮廷人およびメンバーとしての地位を確立しました。

25389461_ml-medium

白塗りのタウンハウスの列に隠れているのは、歴史的に重要な建物であるコルドバシナゴーグへの疑いのない入り口です。素晴らしく保存されているユネスコ世界遺産のコルドバシナゴーグには、訪れる価値のある魅力的な博物館があります。

5.カレホンデラスフローレスで写真を撮る

カレホンデラスフローレスの狭い石畳の小道は、テラコッタの植木鉢で飾られた伝統的な白塗りのタウンハウスで美しく彩られ、鮮やかな色の花で溢れています。カメラを手元に置いてください。

70817430_ml-medium


外国人が思う日本が変えるべき6つの事! Feat. Abroad in Japan!【海外と日本の働き方の違い・英語の勉強方法・文化の違い】 - 八月 2020