当然のことながら一生かかるトリアージですが、「フランスパンの法則」(1993年9月13日、デクレ番号93-1074年)を考慮すると、法的にバゲットデトラディションと見なされるものに関して、私たちの選択はやや狭く定義されています。ブーランジェリーで販売される非常に多くのバゲット(およびクロワッサン)は、市販の冷凍生地で事前に作られているため、仕様が存在することを余儀なくされました。その公式基準では、バゲットのグランプリが選ばれました。

本物のバゲット・デ・トラディションは、敷地内で混ぜ、練り、発酵させ、焼き上げ(冷凍しない)し、無添加で小麦粉、水、塩、酵母の4成分のみを含まなければならない細いパンです。

温かいバゲットの場合は、早めに到着してください。パン屋のフィリップゴセリンは次のように述べています。「バゲットはパリジャンのパンです。寿命はわずか6時間です。」パン屋の営業時間は時間によって異なりますので、事前に電話してください。

1.オーデリスデュパレ

2014年と1998年のバゲットのグランプリで優勝。家族の伝統に従い、24歳のパン職人のアンソニーテイシェイラと彼の妻は、エリゼ宮に金色の無愛想なバゲットを提供し続けます。彼らの驚くべきエクレアショコラトとマカロンフランシリエンも試してみてください。

Aux Delices de Palais

4. GrenieràPain

バゲット2010年グランプリ受賞。モンマルトルの中心にあるベーカージブリルボディアンの素朴なベーカリーは、並ぶ価値があります。気まぐれなチョコレートで覆われたペインエピプスもお試しください。

グレニア・ア・ペイン


フランス国家最優秀職人監修のパン!ジャン・フランソワ表参道!人気のパン7点を食べてみた!東京・表参道 - 九月 2020