いくつかの灰色の雲の後ろから私をからかう太陽の約束で地下鉄に向かって歩いて、私は1つではなく、2つではなく、いくつかのパリジャンが小柄なdejeuner、袋から出したばかりの新鮮なバゲットを楽しんでいることに気付きました!そのビジョンは私を光の街で完璧なバゲットを見つけるように駆り立て、私は成功したと思います! 7区の小さな通りに面しているのは、角をちょっと覗くだけではありませんが、ピンクのベーカリーと呼ばれるローカルで親しみのあるStéphaneSeccoです。彼らはその日の早すぎる時間に必要なものだけでなく、あなたがヴェール・デ・ヴィンに帰る直前に、あなたがそれを見つけてうれしいでしょう!パリにいるときは必ず行くべき場所です。

バゲット

ピンクのパン屋に初めて入ったとき、私のバター、バターバターの素晴らしい香りがパンとペストリーに魔法のように織り込まれ、私の目は私の前の選択に喜んでいた。見た目がとても素晴らしいお菓子がたくさんあるので、バゲットだけで出かけるのは大変でした。しかし、バゲットは午後のおやつに最適な選択でした! Seccoは、歯ごたえのある外側と歯ごたえのある内側の完璧なバランスを実現しています。バゲットを持って立ち去った私は、他のパリジャンが通りを散歩しているときにバゲットで間食をするのにぴったりのようでした。あとでマドレーヌを隠すことも忘れないでください。彼らはパリで最高です!

(注:朝食と昼食には長い行列ができますが、私を信じてください、100%待つ価値があります!)


韓国で一番有名なパンのチェーン店【PARIS BAGUETTE(パリバゲット)】 - かもしれません 2020