英国では雨が降り続いているため、今日の午後、マンチェスターのチャイナタウンに向かい、遅い時間に昼食をとり、少し見回すことにしました。これは英国で2番目に大きいチャイナタウン(ロンドンに次ぐ)であり、ヨーロッパで最も大きいチャイナタウンの1つです。私たちは何度も行ったことがありますが、私はここでそれについて書いたことがないので、チャンスをつかもうと思いました。

マンチェスターはいつもの灰色で濡れた自分を見ていましたが、チャイナタウンに到着すると、中国の旧正月の残された装飾とフォークナー通りのカラフルなアーチのおかげで少し明るくなりました。リトルヤンシンを昼食に選びました。マンチェスターの老舗ヤンシンレストランで、市内のプリンセスストリート(南側)で30年以上中華料理を提供しています。

チャイナタウンリトルヤンシン

マンチェスターのチャイナタウンは1950年代に主に中華レストランで成長しましたが、1970年代になると、パン屋、スーパーマーケット、薬局、法律サービス、金融センターなど、他の中国企業が生まれ始めました。東アジア銀行は、ほんの数か月前に支店を開設しました。これは、市内初の支店です。

バーベキュー料理のスペアリブ、春巻き、海藻、広東風ソースの鶏肉、特別なチャーハン、鶏肉焼きなど、さまざまな料理を選択しました。その特別なことですが、私たちはまだ楽しくてリラックスした時間を過ごしました。

チャイナタウン中華料理

昼食後、私たちはスーパーマーケットの1つに向かい、自宅では簡単に手に入らないか、チャイナタウンではるかに安く大量に購入できるいくつかの条項(たとえば、10kgのジャスミンライス)を買いだめしました15ポンド未満で、少なくとも次回の訪問まではいつでも続きます。チャイナタウンの店舗では、伝統的な英国のスーパーマーケットでは見られない、かなり不明瞭に見えるアイテムを含め、ほとんど何でも手に入れることができます。

チャイナタウンスーパー

最後に、中国のさまざまな雑貨を販売している店に電話をかけ、1対1ほど前に苦労していた芸術を少年たちが習得できるように、子供に優しい箸を2組用意しました。

雨の日に直面して何をすべきかわからない場合は、最寄りのチャイナタウンを訪れて少し変更することをお勧めします。午後は本当に楽しかったです。おそらく次回は、実際に中国の旧正月のときに訪問して、お祝いを目撃する必要があります。

チャイナタウン

都市のチャイナタウンを最後に訪れたのはいつでしたか?