12月31日の数日前、マニラの地方紙は、フィリピンでは大Year日がすべてだと伝えました ノイズ。どこにいても、誰とでも主要なことをすることは、それを大音量にすることです。 12月の終わりにこの国に到着すると、騒々しい準備がすでに行われていました。南アフリカのワールドカップで有名になった「ブブゼラ」と非常によく似た、露天商人がエレクトリックブルーホーンを使いすぎていました。私はまだ「新年おめでとう」の熱狂的な叫び声でgal然としていました。

フィリピン、バコロドの市場

ほとんどの東洋諸国と同様に、フィリピンは爆竹を大々的に取り入れています。それらの箱は、イロイロの町からギマレスの小さな島に旅行者を運ぶ小さなフェリーに積み込まれ、通常は行き渡る家庭用品のためのスペースをほとんど残しませんでした。盛大な日が近づくと、花火の本当の人気は、安価で不十分に作られた爆発物の危険性を人々に警告する注目度の高い国民意識キャンペーンによって持ち帰られました。ほぼすべてのスーパーマーケットとニュースチャンネルが怖い話を繰り広げていましたが、夜は幸いなことに、すぐ近くの路上で歓声が聞こえました。

それで、現実は何でしたか?それはすべてバタンと消えましたか?はい、そうです!たくさんあります。燃えるような色の爆発と耳をつんざくようなクラクションのクラクションが鳴り響きましたが、音楽もバコロドの町で、エネルギッシュなクリスチャンロッカーのグループがメインスクエアで賛美の歌を歌いながら、ホテルの隣のバーを共有しました世界のカラオケのスーパースター。

爆竹

約束どおり大音量で、たくさんの楽しみがありました。私のお気に入りの瞬間は、地元の男性が1ペソ硬貨を握って通りに投げ入れ、地元の子供たちが追いかけて集められるようにすることでした。ポケットを埋めた彼らの歓喜は地元の基準では本当に静かでしたが、正直なところ、来年は本当に高揚する方法でした。


フィリピン・ダバオ訪問-平成29年1月13日 - かもしれません 2020