世界で最も高価な都市であるオスロへようこそ。1ポンドは5ポンドから7ポンドの間で、タバコは6ポンドです。はい、そうです...エコノミストグループによる年2回の調査によると、東京は14年間のトップの治世の後、世界で最も高価なものとしてランク付けされなくなりました。日本は、円安、低インフレ、および経済の低迷に苦しんでおり、オスロがそれらをトップに押し上げました。 The GuardianのGwladysFouchéは、オスロの新しいステータスを取り上げ、次のように書いています。

市内の会話の主なトピックの1つは、バーゲンビールをどこでどのように手に入れるかです。人々は、アルコールが金粉のようにわずかに安いバーのアドレスを交換します。食料品を購入することも予算の破壊です。鶏肉の切り身は2ポンド4ポンド、少額のアントレコートは8ポンド、店の棚にあるワインの安いボトルは少なくとも8ポンドの価格になります。

オスロはスウェーデンからそれほど遠くないので、人々は買い物をするために国境を越えることがよくあります。そこでは、価格は自宅の半分になりがちです。


To The World's Most Expensive and Happieset Countryいざ世界一物価の高い国ノルウェーへ【vlog】 オスロに夜中に着くと大変w - 八月 2020