シルヴィオ・ベルルスコーニサルデーニャの政府は、モナコのキャロライン王女や、チェルシーフットボールクラブのオーナーであるローマアブラモビッチなど、この島にやってくる億万長者の訪問者に罰金を課すことを計画していることを明らかにしました。外国からの訪問者に属する2番目の家には特別な議会税が課せられ、ヨットや民間航空機の訪問には厳しい新しい税が課せられます。 150,000のヴィラが新しいルールの影響を受けると推定されています。最も被害が大きかったのは、イタリアの億万長者首相シルビオベルルスコーニ(右)で、ポルトロトンド郊外の27室のラチェルトーザを含む、エメラルド海岸に7つのヴィラを所有しています。


今日発表された反貧困国際NGO『オックスファム』の年次報告書は世界の『貧困と不平等』の解決策は『最富裕層への追加課税』と主張しているがこれは『間違っている』! - 八月 2020