iPodサンディエゴのH2Oオーディオ社は、2004年に発売した「防水」ケースをさらに開発し、以前の製品を改良しました。最近のConsumer Electronics Showで、彼らは水に完全に浸されているがまだ曲を吐き出しているものを見せた。この製品は、最大10フィートの水中でiPodを乾燥させないように設計されています。彼らはまた、最大300フィートの深さを扱うことができるダイビングケースを行います。


水没したiPodを復活させてみた - 八月 2020